あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ宮崎脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

自己処理に適している方法は?

自己処理に適している方法は?

毛の処理ですが、処理方法はいくつかあります。これから、簡単に処理方法と、同時にデメリット、注意点を案内していきます。まず、処理方法はカミソリ、ブラジリアンワックス、脱色、除毛クリーム、電気シェーバーという方法があります。

カミソリでのシェービングですが、短時間での処理が出来、一番てっとり早く終わる処理方法です。しかし、自分自身ではすべてをシェービング出来ません。背中や自分で見えない部分については必ず、パートナーが必要となります。女性の中には仲の良い友人やご家族、ご主人にお願いする方も中にはいらっしゃるようです。また、パートナーにカミソリでのシェービングをしてもらうと、パートナーの親切心から「キレイに剃ってあげたい」と言う気持ちで何度も同じ個所をカミソリでシェービングしてしまいます。これが実は大きなデメリットで、同じ個所を何度もカミソリで剃ると肌への負担が大きく、乾燥や色素沈着というお肌トラブルになってしまいます。

さらに、ブラジリアンワックス、脱色をしての処理も1人でするには限界があります。背中などは必ず、パートナーが必要となり、背中の箇所によってはムラがあったりと、上手い仕上がりにはなかなかなりません。ここで、何度もワックスし直したり、脱色剤を塗って処理していくと当然背中のお肌は炎症を起こし、ニキビになったり、色素沈着が出来たりと、きれいにするところが、逆に汚くなってしまうこともあります。

除毛クリームは鏡を2枚合わせるなど工夫をすれば、1人でも比較的うまく背中全部を塗ることが出来るように思います。パートナーは必要なく、産毛もきちんと除毛できて、1人でも簡単に出来る処理方法です。ただ、デメリットは肌の弱い人、敏感肌の人には、除毛クリームが合っていない場合、赤くなったり、かゆくなったり、また背中にニキビや出来モノが出来るなど、肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

最後に電気シェーバーですが、こちらが一番皆さんにお勧めしたい方法だと考えます。何故なら、お肌を傷つけずに、毛の処理が可能なのです。シェーバーの刃の部分ですが、2枚の刃が重なってます。それぞれの凹凸部分に毛が入り込み、2枚の刃が擦れることで毛をカットできるのです。そのため、肌に刃が当たらず、乾燥や色素沈着の心配もいりません。ただし、ほかの処理方法と同じで背中や見えない部分に関してはやはりパートナーが必要となります。

こうしてそれぞれの処理方法を見ていきますと、それぞれメリット・デメリットがあります。自己処理をするには電気シェーバーがお勧めですが、パートナーの手を借りたくないという方は背中のみは除毛クリームを使うのが妥当かもしれません。ただし、お肌トラブルが心配ですし、また、自己処理に時間がかかり、無駄な時間も増えていきます。

この無駄な時間を無くすために、毛の処理はサロンのプロに任せてみてはいかがでしょうか?無駄な時間をサロンに通う時間に回せば、より自己処理の時間も減るのではないでしょうか?